パチンコ依存症の最たる特徴!悔しいと思うことがパチンコくらいしかない

この記事は約7分で読めます。

パチンコ依存症。

それは心を銀玉に支配される危険な病気。

そのパチンコ依存症患者には様々な特徴があるが、最たる特徴は「悔しいと思うことがパチンコの他にない」ということではないだろうか。

つまり気持ちを揺り動かされるものがパチンコくらいしかないのである。

この胸の奥に眠る熱い気持ちをパチンコだけがけたたましい音と光で呼び覚ましてくれる。

最高のパートナーだ。(パチンコ依存症の感想)

もちろん僕もこの10年くらいパチンコを中心に生活を送ってきた筋金入りのパチンコ依存症だ。

最近ではもう開き直ってtwitterではポジティブパチンカスだなんて名乗る始末。

しかし本当はもっとパチンコ以外にもちゃんとお金を使って健康的で文化的な生活をしたい。

その足掛かりとするため今回はパチンコ依存症の心の状態を解明していきたい。

スポンサーリンク

勝つ喜び、負ける悔しさ

 

パチンコは勝ち負けの経験を簡単に打ち手に提供してくれる。

しかもお金がかかっているので強烈な経験である。

スポーツであれば試合時間は長いし相手もチームメイトも必要になるので手軽にとは言えない。

一方でパチ屋に入れば嫌というほど相手がいるしお金を入れればすぐに勝負が始まる。

こんなに手軽な勝負は他にないだろう。

そして夜寝るまで、へたをすると翌日朝起きても頭から離れない強烈な勝ち負けの印象。

いくら勝って嬉しい!こんなに負けて悔しい!

いつのまにか興奮して次の勝負の予定を立てる。

日常生活でこんなに熱くなれるものが他にあるだろうか?

少なくとも仕事で失敗したりしても多少は落ち込むかもしれないけれどすぐにまっ、いっか!と立ち直るはずだ。

逆に言うとパチンコ以外の物事への関心がどんどん薄れてきているのかもしれない。

あの若かりし日の情熱は2度とパチ屋以外の場所で発揮されないのかと思うとすこぶる寂しい気分になる。

パチンコ依存症の気持ちはパチンコ以外では動かない

 

気づけばパチンコ以外で、悔しい!次は負けるものか!と思えるようなものが身の回りから消えている。

学生時代は他の奴らに成績や部活で負けたく無いなんていう負けず嫌いの精神は多少持ち合わせていたと記憶している。

しかしパチンコ中心の生活を送っている者にとって1番大切なものはパチンコとの勝負の結果。

それ以外では悔しいという感情は抱かない。

抱いたとしてもパチンコに行けばすぐに忘れて銀玉との真剣勝負に熱くなる。

このようにパチンコ依存症の人間の感情はパチンコをしている時にしか作動しなくなる。

これはパチンコとの勝負を繰り返す中でそのように心の回路が形成されていくからだ。

パチンコで勝った負けたという強烈な信号を心に送り続けると回路が太くなっていく。

その太い回路で多少の信号を送っても心が気づかなくなるから感情も動かない。

パチンコの強烈な経験からくる信号だけが太くなった回路を満たし、心をつき動かす。

そのようなイメージだろうか。

いずれにせよパチンコに心を支配された状態がパチンコ依存症である。

窮屈で身動きのとれなくなった感情はその身を本当は動かしたいのだ。

だから体をパチンコ屋へと向かわすのだ。

パチンコ依存症の正体は脳内麻薬

 

「ドーパミン」とか「エンドルフィン」とか聞いたことがあると思う。

これはいわゆる「脳汁」と呼ばれるものでパチンコ依存症の根源となるもの。

パチンコで大当たりをひいた時や激アツリーチを外した時に脳内に分泌される。

というか激アツという文字を見ただけでちょっと漏れ出る。

本来これらはやる気を高めてくれたりする脳にとってはいい物質なのだが、パチンコ依存症の脳はこの汁を過剰に求めてしまう状態である。

どんどん汁の摂取量が増えてしまうのでそれに比例してパチンコにもどんどん依存してしまう。

この脳汁が溢れる時に我々の感情もようやく動くようになる。

非常に厄介で危険な状態であることは間違いない。

パチンコ依存症の何が問題?

 

パチンコ依存症になると具体的に何が問題になるかというとやはりお金の問題が1番だろう。

言わずもがなである。

支払いが控えているのにパチ屋に行って結局支払い分以上に負けてしまう。

周りの人間に支払い分とちょっと余計にお金を借りてまた負けて返せなくなる。

これを繰り返しなんとか生を繋いでいくのがパチンコ依存症の人間のライフスタイルだ。

本当は余裕のある生活をしたい。

パチンコをしなければそれが実現できると頭ではわかっているが、気づけばパチンコのことを考えている。

勝ち続ければ問題はない(それはそれで結局パチンコ依存症だが…)のであろうが現実問題それは難しいところである。

プロのように厳しく期待値を求めて立ち回ることができればいいのだろうが、パチンコ依存症になるような人間にそれは難しい。

なぜなら楽に稼ぎたいから(この考えが諸悪の根源)

お金以外にも時間だってかなり無駄にする。

ホールにいると時間という概念をうっかり超越してしまう。

気づけば外は真っ暗。

今日も時間を無駄にしたと後悔しながら家路につく。

これがパチンコ依存症の人間のライフスタイル。

もし、まだパチンコ依存症の入り口に立っているだけで中までは入ってきていない方がここまで読んでくれているのであれば、そのままこちらには来ないようにして欲しい。

きっと今の方がお金も時間も充実したいい生活であることは間違いない。

 

でもパチンコも結構面白いということは間違いない。

 

結局そう思ってしまうことがちょっと悔しい。

パチンコ依存症を治すにはどうしたらいい?

 

頭と心をパチンコに支配されるパチンコ依存症。

この病気を治すのはかなり難しいだろう。

しかし学生時代に同じく毎日パチンコ屋に行っていた周りの連中はパチンコから足を洗っている者も多い。

歳を重ねるごとにパチンコへの情熱がなくなるのか、それとも仕事や家族サービスで忙しいのか。

たまに一緒に行ったりもするが、みんな昔ほどの頻度では行っていない。

先日記事にもしたがやはり無理やりにでもパチンコに行けないほどの予定をつくったり仕事をしまくった方がいいのかもしれない。

↓パチンコをやめるための僕からの提案はこちら↓

パチンコを辞めたいのならブラック企業に就職しよう!(提案)
パチンコ依存症、それは『パチンコを打ちたいけど打ちたくない、でも結局気づいたら打ちに行ってしまって素寒貧になる』という割と恐ろしく、そして厄介な病気。 それで勝ち続ければ問題は無いが、そうは問屋がというかパチ屋が卸さな...

僕も今の仕事を始めた時は時間的にも体力的にもパチンコへの意欲が低下していたが最近は慣れてきて余裕が生まれてきたのかパチンコ欲が再燃してきています。

その特徴は完全にパチンコ依存症。

あとは王道なのがパチンコ以外の趣味を見つけるということ。

僕の周りでは釣りとゴルフに没頭している者が多いです。

僕も釣りは好きだし登山とか食べ歩きとか興じたい趣味はいくつかありますがパチンコへの情熱がそれを邪魔する状況です。

なんとかしてその情熱を他の行事に向けられるよう努力してみたいと思います。

最終手段としてはやはり病院に通院して専門的に治療をするのが1番だろうか。

なんだかパチンコのせいで病院に行くのも恥ずかしいというかもどかしいような気もするしなかなか決心するのは難しいけどどうしても治したいという志を持つ方は行って見た方がいいかもしれません。

是非どんな感じだったか教えて欲しいです。

パチンコ依存症の最たる特徴!悔しいと思うことがパチンコくらいしかないのまとめ

パチンコで負けるたびにそう言えばこんなに悔しいと思うこと他にないなと感じていました。

パチンコ依存症になるとその感情を動かしてくれるものがパチンコだけになってしまうので他への興味や情熱が薄れてしまいます。

なんとかしてその情熱をパチンコ以外のものに向けるのが目下の課題となります。

そのためにパチンコよりもっと面白い趣味を見つけたり、お金や時間を無駄にしていることをしっかりと認識して行動を改めていきましょう。

僕も長年苦しんでいる状況です。

もちろん今も。

一緒にパチンコ依存症を克服していきましょう!

 

でもここまでの記事で何が1番問題かと言うと負けた時しかこういう記事を書かないということです。笑


コメント

タイトルとURLをコピーしました