【オカルト】パチンコが全く当たらない…体内モードを確認して冷静に立ち回るべし

この記事は約7分で読めます。

 

※この記事はパチンコのオカルト記事です。

もうかれこれ10年くらいパチンコ屋のお世話になってきた、というかお世話をしてきた。(大敗)

その長い遊戯人生で最大連敗は15連敗くらいだったと思う。

とにかくどのパチンコを打っても全く当たらない…。

今日は勝てる…!っと白目を向きながら意気込むもノーヒットノーランをかまされて結局連敗記録を更新する。

そんな時期があなたにもあると思う。

この記事は、読めばその全く勝てない状況を打破して連勝に次ぐ連勝を呼び寄せます!

っというものでは決してない。

長年の経験から体内モードというものがあるのではないかと思い、その状態を探りながら立ち回ろうという完全なるオカルティック記事である。

ただただ勝てないあなたに共感して、明日は勝てるよ頑張ろうという同胞へのエール的なものである。

 

連戦、連勝という方がおかしいのよ。


スポンサーリンク

全く当たらないパチンコ。大当たりってなんだっけ?

 

ホールに向かう時は誰だってもちろん店を潰すつもりで馳せ参じると思う。

しかしその意気込みとは裏腹に全く当たらないパチンコ。

延々とセリフやウインドウステップアップ、青同色図柄先読みなどを見せられる虚無の時間を過ごすことになる。

そういう時は回りも悪くてただただ玉がカタカタと音をたてて台に飲み込まれるのを見つめるだけの時間も多い。

液晶が動かず暇なので無意味に音量や光量を上げ下げしてみたりする。

なんとも空虚な時間だ。

そもそもこの台、大当たりの抽選しとるん?

そんな考えが頭をよぎるのも無理はない。

「ヒキ」というものが僕はあると思う。

その日のヒキでは大当たりを引き寄せることができないのだろう。

退くも勇気、そう思って全く当たらない日は撤退するのが吉。

もちろん僕は全ツッパして泣きながら帰ることになりますが。

割とまれによく見る大ハマり

 

パチンコを打ち続けるとどうしても避けて通れないのが大ハマり。

自身の最高ハマり記録はマックスタイプのCR吉宗2で2700ハマりです。

調子が悪い時期というのはこの2000以上級の大ハマりを日を跨いで経験している状態…。

プロであればボーダー以上に回る台であれば当たらずともひたすらに回し続けるのでしょうが、僕のような素人はそんな忍耐力はないしサクッと当てて楽に稼ぎたいという邪念しか持ち合わせていないのでそんなプロのような立ち回りは不可能です。

そんな時僕はライトミドルや甘デジに座ってリハビリをします。

とりあえずなんでもいいので当てるという経験をする。

そうすることで大当たりの感覚を取り戻します。

誰にでも必ず訪れる大ハマり。

その大ハマりをよく回る台でできるだけ低投資で消化するというのがプロの立ち回り。

その大ハマりをいかにオカルティックに回避するかというのが全ツッパリストの僕の流儀。

どちらの立ち回りがいいかは一目瞭然だ。

もちろん僕の方だ。

体内確変というものがあるのではなかろうか?

 

ハマりに次ぐ大ハマり。

全く当たらない時期があるかと思えば、何を打っても当たる時期もある。

大ハマりをくらって最高潮にイライラしている時に隣にポッと座ってペッと当てやがられるおじ様の持玉を見たら既に3万発を超えていたなんてこともたまにある。

神出鬼没の調子よ過ぎおじさんである。

自身でも低投資で座る台すべて調子よく当てて大勝を重ねる時期も経験している。

僕はこの現象を「体内確変」と名付けている。

今までもそしてこれからも完全にオカルティックな話になるが、体内確変は時限式なので勝てる時期はとにかく打ちに行った方がいい。

経験上、月単位くらいでその体内のモード状態が変わるので月を跨いだらその月は自分の体内モードがどの状態なのか確認する必要がある。

ちなみにモードは「地獄(何打っても当たらない。振分7)」「通常(当たるっちゃ当たるけど続きにくい。振分2)」確変(何打っても当たる銀玉の神。振分1)」の3種ある。

ご覧の通り、打ちに行かないというのが最善の選択というのは置いといて概ねこのような体内モードに振り分けられると思う。

体内モードが確変に突入すると少なくともイライラするようなことはないしとにかく楽しい。

千円、2千円で当たるし20連以上の大連チャンはかますし、ST抜け後の電チュー残保留で当たったりする。

そんな神がかったヒキを披露することができる。

問題はその神の状態にはなかなか到達できないということだけだ。

きっかけが流れを変える

 

長い負ける時期と短い勝てる時期。

そのリズムでパチンコ人生を歩んできたが、もちろん1日の中でも流れが変わることがある。

え?こんなので当たると?みたいな奴で当たったり、隣に台移動したら500円で当たったとか。

そんなきっかけが流れを大幅に変えてくれる。

さっきまでのハマりが嘘のように連チャンを重ねたり、初当たりが軽くなったりする。

気運の悪い時はその流れを変えるきっかけを探して無理やり体内確変を呼び寄せる必要がある。

パチンコはもはやスポーツ。

流れを掴んだ者が天を掴むことができるのだ。

しかしこのきっかけを掴むことが非常に難しい。

大抵は、え?これで当たらんと?っていう熱いリーチを外したり移動したら打っていた台でオスイチかまされたりと余計に悪い結果を招きやすい。

そんな時は先に紹介したリハビリ打法がおすすめだ。

なんでもいいのでとにかく当てるという経験を経て流れを変えよう。

1ぱちでとりあえず確率分母くらい回してから4ぱちに戻るというのも多少は有効だ。

流れを変えてくれるパチンコ台

僕が困った時に座る機種があるのでいくつか紹介したい。

一気に流れを変えてくれる強力な台だがその反面、失敗すれば負け額を倍にする可能性もある諸刃の剣なので多様は禁物だ。

ダイナマイトキング

 

基本的に僕が流れをつかみたい時に利用させて頂くのがこのダイナマイトキングだ。

羽物でとにかく当たる気がしないが一発当てることができれば10,000発くらいは簡単に狙える台である。

大当たり確率も29分の1と1回転で当てることも不可能ではない気がするような気がしてくる。

おすすめの打ち方は花モードでの遊戯。

大当たり時の8割くらいは入賞時にキュイン音と共にハイビスカスが光ります。

このキュインを数回転で聞くことができればテンションはマックス!

連チャン確率も82%で連チャン中はおよそ50%が1,900発くらい出ます。

困った時は5回転だけ勝負!みたいな感じで利用するのがおすすめです。

Pモモキュンソード

 

こちらは手堅いライトミドル。

遊タイム搭載で500回転までには何かしら必ず決着がつくというのもおすすめポイントです。

ラッシュに入れることさえできれば80%継続で5,000発くらいは狙えるので送りバント的な役割を担ってくれます。

これ以上投資を増やしたくないのでとりあえず持玉が欲しい!という時に利用しましょう。

P大工の源さん超韋駄天

 

ご存知パチンコ業界、そして私の救世主。

最近では釘も厳しく、客付きもいいのでメインにはしてませんが負けがこんでくると一発逆転を狙うために打ちます。

ラッシュに入れることさえできれば一瞬で逆転も可能な超速スペックですがラッシュに入れることができなければなんともならない危険な一面も持ち合わせているので注意が必要です。

おすすめの打ち方はこちらをどうぞ!

P大工の源さん超韋駄天の打ち方を伝授する
こんちは! 最近どっぷりハマっている大工の源さんですが、今回は僕がみっちり打ってきた中で見出したおすすめの打ち方や演出法則、この台を打つ前のマインドセットなどを伝授します! シンフォギア2に人気を奪われているため午前中な...

パチンコが全く当たらない…のまとめ

経験上、存在するのではないかと思われる体内モード状態。

パチンコで全く当たらない地獄状態の時は大人しく家に帰るというのが1番の選択肢かもしれません。

ってか多分それが1番。

しかし少しでも流れを変えて抗いたいという時は上記の機種のように当たりやすい機種や一撃性のある機種を打って流れを変えてみてはいかがでしょうか?

僕は基本的に打ちたい台を打ちたいように打ってますので然るべき結果に落ち着いていますが、オカルティックな部分にも頼って少しでも勝てるようにと奮闘しています。

あまり負け過ぎないように最大限注意しつつパチンコとの試合を楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました