さらば福岡の名店!プラザ赤坂店が衝撃の閉店!思い出を語りたい!

この記事は約8分で読めます。

 

こんちは!ゼンツです。

 

5月初めにとんでもないニュースが舞い込んできました。

 

僕が永らくマイホールとしてお世話になってというかお世話してきたというか、赤プラことプラザ赤坂店さんが2022年5月22日にまさかの閉店です。

 

福岡のパチンカスに衝撃が走ったのは言うまでもないでしょう。

もちろん僕も衝撃過ぎて寝込んでしまいました。

 

コア21から赤プラに変わったのが10年以上前の話。

当時はまだ学生時代でした。

そう思うと僕は赤プラとともに成長してきたと言っても過言ではないような気すらしてきます。

 

いや、多分過言やけど今日はそんな赤プラの思い出なんかを語っていきたいと思います!


スポンサーリンク

プラザ赤坂は7がつく日がお祭り騒ぎ!

 

赤プラと言えばやはり7の日のイベントが有名ですね!

 

僕は当時はヴィーナスギャラリー清川店さんを根城にしていたので赤プラには7の日にたまに友人と並びに行く程度でした。

 

しかし当日は九州中のパチンカスが押し寄せていて熱気と活気に満ち溢れており、毎回圧倒されていました。

 

僕はスロットに関しては浅学非才の身でゲーセン感覚で打つ派でした。

無論、子役確立などのデータをもとに設定看破するという高度な技術は持ち合わせておらず「出りゃ6」というゼンツ式設定看破術を武器に戦っていました。

 

当時は5号機の全盛期で新鬼武者を狂ったように毎日打ちよったなぁ。

 

赤プラの7の日も末尾台を目指して抽選に参加しましたが人が多過ぎてついぞ末尾台に座ることは叶いませんでしたがイベントの雰囲気を毎回楽しませて頂きました。

 

まどまぎがオールだった!とかGODが全台456だった!とか景気のいい報告がまだ多くみられた時期でしたね!

 

これを言うとジジ臭くなりますが…昔はよかった!

 

2020年にマイホ登録

 

2020年前後はニートとフリーターの狭間に生きる僕でしたがそれくらいの時期から赤プラをマイホとして活動するようになりました。

 

それまではVG清川にて連敗に次ぐ連敗でなぜ生き延びることができたのか不思議な期間を過ごしていたのですが、赤プラにマイホ登録してからは多少のすり傷程度に被害を抑えることができるようになりました。

 

店選びってやっぱり大切ですね。

 

赤プラはスロットのお店と思われがちですがパチンコも新台を中心に結構釘があいていて他店よりかは回っていたと思います。

 

鬼回収の時は徹底して絞ってましたが…

 

とにかくろくに仕事もしていない時期は毎日赤プラに通って試合を楽しんでました!

 

いい時期だったな…


バラエティコーナーのフェスティバルおじさん

 

赤プラのバラエティコーナーはP機移行後にも乙女フェスティバルとか天翔百裂、クイーンズブレイド2、レイブなどなどCR機を影で支えてくれた僕好みの名機が数多くありました。

 

一時期、乙女フェスティバルが好き過ぎる僕は毎日同じ服でおとフェスを打っていたのでおそらく店員さんの間ではフェスティバルおじさんとあだ名を付けられていたことだろう。

 

もしかしたらシンフォギアを打つ時にはラウンド中の曲は毎回「始まりの歌(バベル)」にしていたのでバベルおじさんと呼ばれていたかもしれない。

 

いずれにせよどう呼ばれていてもいいが、バラエティコーナーに名機を残しておいてくれてなおかつ我慢して打てるくらいの釘にしてくれていた赤プラには感謝したい。

 

僕は赤プラ感謝おじさんだ。

大工の源さんとの出会いを演出してくれたのもプラザ赤坂店

 

2020年5月、コロナの影響による緊急事態宣言が解除されて多くのパチンカスが「もう…パチンコ打っていいんだ…!」となった頃、根城を赤プラに変えたばかりの僕は早速様子を伺いに行きました。

 

およそ1ヶ月の自粛生活から解放された僕は例によってバラエティコーナーでひと汗流したあと打つ台を決めかねてホールをうろうろしていました。

 

そこで発見したのがP大工の源さん超韋駄天です。

5台導入されていましたが誰も座っていませんでした。

 

某パチンコ情報サイトに出玉がくそ早いとの書き込みがあったのを思い出した僕は「しょせんP機はP機。『P機にしては、くそ早い』の枕詞を忘れてるぜ」と疑念を拭い去ることはできませんでしたが、「もしかしたら…!」というすがるような希望も拭い去ることができなかったので確認のため打ってみることにしました。

 

その結果こんな記事まで書くほどにどっぷりと源さんにハマり、引退すら考えさせられていたP機新時代の門を叩くことになったのです。

 

この記事で使っている写真は全て赤プラで遊戯中に撮影したものです。

 

自粛明け後はしばらく鬼回収かな?と思っていましたが予想外に22回転/千円以上回る状況でしたしとにかく面白かったので本当に毎日打ってTwitterで実況的なやつをやってました。

 

赤坂プラザはなぜ閉店するんだい?

 

さて、未だに信じられないプラザ赤坂店さん閉店のお知らせですけどなぜ閉店するのでしょうか?

 

僕はわかりません!

 

噂は色々ありますけどやっぱり売上が悪いんでしょうね。

もっと僕が負けていればよかったのですがいかんせん右手に宿し鬼のヒキが定期的に爆発するので赤プラが期待している以上のお金は落とすことができませんでした。

 

赤坂の一等地ともなるとやっぱり土地代も高いだろうしそれに見合った集客が必要でしょうけど、確かに最近はあんまりお客さんも入ってないようでした。

 

聞いた話によると建物ごと取り壊すらしいので次にどこかのパチンコ屋が入ることもないかもしれません

 

僕も次の根城探しに難儀しそうです。

 

しかし数多くの思い出を作ってくれたプラザ赤坂店さん。

その思い出と感謝の気持ちとともに赤プラは永遠に僕の心の一等地に存在し続けることでしょう。

 

パチンコ遊戯人口どころか人口そのものが減り続けている昨今の状況では経営が難しいパチンコ屋もたくさんあると思います。

 

こんな時にこそ未だに第一線で活動し続ける我々パチンカスがホールにじゃぶじゃぶお金を落としましょう!

 

もしくは爆出しして人想いにホールにトドメをさしてあげましょう!

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました