【熊本キャンプ場】木魂館キャンプ場で開放的のんびりキャンプ!翌日15時まで利用可能!

この記事は約6分で読めます。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

木魂館キャンプ場レビュー

 

こんちは!

 

やっと日中も暑さが和らいで11月らしい気温になってきましたね。

 

そうとなればやることはひとつ!ということで先日再びキャンプへと行って参りました。

 

今回お伺いしたのは熊本県の阿蘇にあるキャンプ場「木魂館キャンプ場」です。

 

「こだまかん」と思っていましたがどうやら「もっこんかん」みたいです。

 

なんとも語感が心地よいキャンプ場名ですが、心地よいのはその名前の響きだけではありません。

 

今回利用させて頂いたフリーサイトはサッカーやラグビーでも使えそうな広々として開放的なグラウンドで居心地も非常に良かったです。

 

今回はそんな開放的なキャンプ場「木魂館キャンプ場」のレビューを記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

木魂館キャンプ場の施設情報

木魂館キャンプ場の詳細

 

まず初めに木魂館キャンプ場の情報を簡単に紹介しておきます。

 

住所

 

熊本県阿蘇郡小国町北里371-1木魂館

 

 

最寄りのインターは日田ICか九重ICになりますが、どちらからも結構遠いです。

 

僕のようにのんびり田舎道を走るのが好きな方にはおすすめ!

 

利用料金

 

【ソロ限定】平日フリーサイト : 2,000円/泊

電源付きフリーサイト : 4,000円/泊

フリーサイト : 3,000円/泊

 

【ソロ限定】平日オートサイト・電源付き : 3,000円/泊

オートサイト【電源付き】 : 4,500円/泊

 

木魂館売店

 

営業時間 8:30〜17:30

キャンプ道具のレンタルや薪、お土産品など販売しています。

キャンプの受付もこちらの施設でしてくれます。

 

ごはん処 北里バラン

 

営業時間 11:00〜15:00

熊本の有名な「あか牛」「小国豚」など地元の食材を使った料理を提供しています。

今回は夕方頃に着いてそのまま自分らが買ってきた食材を堪能したので利用しませんでしたが、昼前に到着したら是非あか牛を食らいたいです!

 

バラン温泉『博士の湯』

 

営業時間 16:00〜21:00 ※土日祝14:00〜21:00

薪で沸かした天然温泉。

サイトからすぐそこにあって使い勝手抜群です。

利用料金:おとな500円/こども250円

毎度のごとく酔っ払って風呂入ることなんて忘れていましたが、すぐそこに温泉があるという安心感は最高です!

 

トイレ

 

トイレは嬉しいウォシュレット付きです!

割ときれいで不快感は0だったので安心してぶりぶりできます!

 

車両乗り入れ

 

今回僕が利用したフリーサイトは車両の乗り入れはできませんでした。

しかしグラウンドの周りは車で走ることができるので設営ポイントまで車で道具を運ぶことは可能です。

荷下ろしが済めば駐車場に止めることになりますが、すぐそこにあるのでそこまで不便ではないです。

オートサイトは車両乗り入れOKです。

 

木魂館キャンプ場の特徴

 

木魂館キャンプ場の特徴は開放感のあるグラウンドと翌日も15時まで利用可能という最高にのんびりできるところです。

 

その特徴をまとめましたので是非チェックしてください!

 

広大なグラウンド!

広大なグラウンド

 

木魂館キャンプ場の特徴はなんと言っても広々としたグラウンドです。

 

僕が到着した時にはおじじとおばばがゲートボールを楽しんでらっしゃいました。

 

それでも有り余るスペースをフリーサイト利用者は使うことができます。

 

今回は平日だったので他は1組だけ。

 

我々とあちらさんの2組でこの広大なグラウンドを占拠させて頂きました。

 

きれいに整備されたグラウンドでデコボコもなくペグもサクサクささったのでおそらく設営・撤去とも楽にできると思います。

 

チェックアウトが15時!

翌日ものんびり

 

そして僕が1番嬉しかったのはチェックアウトの時間が15時というところ。

 

大体10時か11時のところが多いですがこの木魂館キャンプ場は15時チェックアウトなので翌日もかなりのんびりできます。

 

僕は基本的に飲み過ぎで翌日は10時過ぎまで5度寝くらいかましてからバタバタと撤去を終わらせてギリギリ11時にチェックアウトっていうパターンがほとんどです。

 

しかし今回は10度寝くらいかましてもなお持て余すくらい時間があって非常にゆっくりと穏やかな時間を過ごせました。

 

翌日は早起きして観光や登山をする方などにとっては大してメリットにはならないかもしれませんが僕のように翌日は燃え尽き型の人にとっては大変なメリットだと思います!

 

星空も満天!

満天の星空

 

木魂館キャンプ場の星空も満天で最高でした。

 

すぐそこに道路があったりと完全に大自然に密閉された空間ではなかったんですがそんなことは関係なかったです。

 

半月の朧なあかりに照らされながら星々を眺めておりました。

 

月の軌道と翌日の太陽の軌道がおんなじで地球の丸さであったり宇宙の広さであったりがよくわかったような全然わからないようなそんな気持ちになりました。

 

今回も写真は撮りませんでしたがアイフォンでも星空をしっかり綺麗に撮れるようなアイテムを今度手に入れたいと思います。

 

焚き火と星と飯と日本酒。

 

最高の組み合わせで今回も大満足の夜を堪能できました。

 

これぞキャンプの醍醐味です。

 

今回の料理は肉と味噌ちゃんこ鍋

 

今回は阿蘇の天気予報では最低気温がマイナスになるようだったので覚悟の味噌ちゃんこ鍋を作りました。

 

肉もいつもなら分厚いアンガス牛を直火で炙って下品にくちゃくちゃ食べてましたが、今回は鍋がメインということでお上品なサイズの牛もも肉を購入。

 

お上品に焼き上げたお肉

 

お上品に焼き上げてお上品に咀嚼しながら頂きました。

 

味噌ちゃんこ鍋は我ながら美味過ぎてハフハフ言いながら食べるのに夢中になり写真を撮るのを失念しておりました。

 

結局はむしゃむしゃ食べてガブガブ飲んだ下品なディナーになってしまいましたが終始ご機嫌な夜を過ごすことができました。

 

木魂館キャンプ場はのんびり過ごしたい時におすすめ!

 

今回お邪魔させて頂いた木魂館キャンプ場は開放的なフリーサイトと翌日15時まで利用可能という身も心も極限まで解き放ってのんびりできる環境が整っています。

 

高速のインターから少し遠いですが道中は常に自然と隣り合わせでキャンプ場に着くまでにのんびりを堪能するための心の準備がゆるっと整います。

 

16時からは温泉も利用可能になるので本当の意味で心身ともにリフレッシュできること間違いなしです。

 

熊本でのキャンプを検討されている方は是非ともこの木魂館キャンプ場を候補にしてみてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました