先天性全ツッパ症候群

生まれてきたことさえギャンブル。そんなギャンブル大好き人間の日常を記録していきます。

4月からの屋内禁煙化でパチンコ屋はどうなる?

f:id:zentsu:20200318162404j:plain

 

来月から全面施行される改正健康増進法により公共施設にて屋内喫煙が原則的に禁止となる。

 

飲食店やホテル、そしてもちろんパチンコ屋もその規制対象だ。

 

僕は半年前くらいからアイコスに替えたが原則的に加熱式タバコもNGみたいだ。

 

打てど暮せど当たらずギャンギレブッチボーナス(ブチギレすぎて当たるまで打ち続けること)が確定した時は2箱近くタバコを消費してしまう。

 

当たった時も安堵と達成感から監視カメラに軽く会釈して感謝を伝えてから一服くゆらせたくなる。

 

以前ジャグラーを打ってる時、ぺかるたびにタバコに火をつける兄ちゃんがいた。

 

結構ジャグ連してたが毎回火をつけてた。

 

ボーナス後2Gでぺかった時も吸ってるやつを捨てて新しいのに火をつけてた。

 

さすがにびっくりした。

 

ペカタバコ打法、そんな攻略法もあるのか…と思った。

 

彼の健康を思えば今回の改正健康増進法も賛成してしまいそうだが、個人的にはやはりパチンコとタバコは切り離せないという思いの方が強い。

 

花の慶次愛でやっとの思いで当てて傾奇者恋歌を聞きながら一服するのが至福の時だった。

 

4月からの禁煙…まだまだ知らない人も多い?

 

僕がこの屋内全面禁煙化を知ったのは昨年末くらいだったか。

 

考えられない!っと思ったがあまり現実味を帯びてなかったので気に留めてなかった。

 

しかしその期限がもう来月に迫っている。

 

一縷の望みを賭けてネットで調べてみるとやはり禁煙化になるようだ。

 

周りの友人に話しても「え?そうなの?」と結構知らない人が多い。

 

ホールでボタンをぼこすか叩きまくってるじいちゃんばあちゃんなんて知ってる人は誰もいなさそう。

 

各ホールには禁煙化後のルールについての張り紙もされていたが、ギャンブル中は血の気が滾っているため誰も見ていないだろう。

 

しかし信じたくはないがどうやら本当に禁煙化されるようだ。

 

「原則禁煙」なので喫煙可能エリアに逃げ込むのは可能

 

今回の改正で屋内は「原則禁煙」になる。

 

ホール内では吸えないがおそらくホールの一角に喫煙室がつくられるだろう。

 

そこだけなら喫煙が可能になる。

 

なのでくそはまり中はトイレに行くついでに一服して気持ちを切り替えることができる。

 

問題は当たっている時。

 

特にV-ST機であればへそ保留は消化したくない。

 

タバコのためにへそ保留を消化して通常落ちなんていう悪夢は勘弁して欲しい。

 

連チャンすればするほど「嬉しいけどタバコ吸いたい」の時間が伸びることになる。

 

でもまぁ全く吸えないわけではないとのことなので少し安心した。

 

加熱式タバコも本当にNG?

 

f:id:zentsu:20200318162805j:plain

 

今回の原則禁煙化に伴いルールがいくつかあるようだ。

 

 喫煙室を設けたり、加熱式タバコだけ喫煙可能のエリアをつくったりすることができる。

 

これはホールのフロア数や構造によって採用するルールが異なるため、自分が贔屓にしているホールがどうなるかは実際に確認してみないとわからない。

 

ただそのルールの中に加熱式タバコのみ喫煙可能エリアがつくれる可能性があるのでマイホではそうなって欲しいと願うばかりである。

 

ちなみに加熱式タバコは慣れるまでおいしくないが慣れたらそこそこうまい。

 

僕も紙巻きタバコを吸っている時はアイコスの匂いが苦手だった。

 

ドン・キホーテの焼き芋コーナーの匂いにしか感じなかった。

 

吸い始めた頃もおいしく感じなかったが段々と慣れていって今では紙巻きタバコが臭すぎて吸えなくなった。

 

なのでホールで今後もタバコを吸いたい方は加熱式タバコに切り替えた方が有利になることもあるので検討して頂きたい。

 

 禁煙化によって客足はどうなる?

 

僕はタバコも吸うしパチンコとタバコの相性を考えるとやはり禁煙化には手放しで賛同することはできない。

 

おそらく多くの方がそうだろう。

 

今現在は隣に座る方も過半数はタバコを吸っているように思う。

 

タバコ第一のヘビースモーカーは足が遠のくだろうと予想できる。

 

また、ホールとしても新台入替え費用の回収が必要になるが、もし客足は減れば一人あたりの還元を減らすようになる。

 

つまりスロットであれば設定ベースを下げ、パチンコであれば釘を絞る。

 

そうすると余力のある大手しか出玉の還元をすることができなくなるため現時点で客の少ない「どうやって経営成り立ってるん?」っていうホールは淘汰される可能性がある。

 

つまり大手だけに客が集中する未来も想像ができる。

 

しかしパチンコスロットの魔力というのはかなり強力だ。

 

タバコが吸えないならやめとこうとしばらく控えていても、やはりパチンコに打ちたいという欲求は抑えられない。

 

少なくとも僕は確実にそうだろう。

 

あの音と光のシャワーを浴びに行きたくなるのだ。

 

それにタバコを吸わないユーザーも昨今では増えてきている。

 

タバコを吸っていると隣で煙たそうに睨んでくるおばはんもたまにいる。

 

そんな嫌煙家の方にとっては今回の改正はむしろ大歓迎だろう。

 

タバコは吸わないけどパチンコスロットの魔力に取り憑かれた方々が新たに参入することは大いに有り得る話だ。

 

引退するヘビーユーザーと新規参入する嫌煙家の差はどれくらいかは正直わからないが、結局パチンコ屋の魔力に吸い寄せられるため客足は今とあまり変わらないのではないかと思う。

 

そう。

 

心配しなくても我々はパチンコ屋に通うようにプログラミングされているのだ!

 

まとめ

 

4月から始まるパチンコ屋の原則禁煙。

 

喫煙室であれば喫煙は可能だが今までのようにタバコを吸いながらの遊戯はできない。

 

逃れられぬ運命だがこれが原因でパチンコを完全にやめることはできないだろう。

 

なぜならそれが我々パチンカスだから!

 

そのうち、キセル予告が来るたびに「こっちは我慢しよるのにキセル吸うな!」って思うようになるかもしれない。

 

あ〜、慶次愛打ちたい

 

4月の実践後の記事はこちら↓

www.zentsuppa.com